急性膵炎の点滴薬ナファモスタットとは?

新型コロナウイルスが人体に感染するには

ウイルス表面を覆うエンベロープという

膜からトゲのように突き出した「スパイク」

というタンパク質が、ヒトの細胞膜に

結合することが解っています

今回の経緯としては

今全世界で猛威を振るっているウイルスを

何とかやっつけないとの思いで手始めとして

行ったのが安全性が確認された既存の薬から

治療薬を探す事をやり始めた結果がこれなのです


東京大学医科学研究所の井上純一郎教授と
山本瑞生(みずき)助教のグループは2016年
同じコロナウイルスの仲間であるMERSの研究で
スパイクタンパク質を活性化させる分解酵素に
着目し、急性膵炎の治療薬である
ナファモスタット(フサン)がウイルスの
細胞膜への侵入を阻害する可能性を
既に発見していた

そこで今回は、胎児の腎臓由来の細胞と
気道上皮細胞を使った実験で
ナファモスタットの働きを確かめたところ
ウイルスがヒトの細胞膜と融合するのを
阻害する効果があることが突き止められた

これからは複数の新型コロナウイルス感染

した人にナファモスタット(フサン)を

投与して早くとも数ヶ月以内に効果が

あるかどうかが確認出来ると言われている

これが今のコロナウイルス退治の最新の

情報、結果を待つしかないのだ




この記事へのコメント